トップページ > ニュース


■介護給付適正化事業「介護サービス等事業者連絡会議・研修会」が開催されました。 2004/03/31

 平成16年3月24日、大曲エンパイヤホテルにおいて、介護費用適正特別

対策事業の一つ「事業者連絡会議・研修会」が開催されました。

 これは、各居宅サービス事業者とグループホーム管理者等を対象とした連絡

会議と研修会で、午前中は広域組合から介護保険事業状況の報告と、仙北地方

振興局福祉環境部企画福祉課の中嶋主幹から「実地指導における主な指摘事項」

について情報提供を行いました。

 また午後からは「高齢者の尊厳を支える痴呆性高齢者ケアの確立に向けて」

と題して、全国痴呆性高齢者グループホーム協会の常任理事であり、札幌市の

グループホームもえれのお家:総合施設長でもある長井巻子氏より研修会を行っ

ていただきました。実際にグループホームを運営しているからこそできる痴呆

性高齢者の現状の把握や、高齢者の立場に立った見方からの痴呆ケアなど、も

えれのお家での具体的な話も織り交ぜながらわかりやすく講師をしていただき

ました。


(画像をクリックすると拡大画像が表示されます。)


(画像をクリックすると拡大画像が表示されます。)


(画像をクリックすると拡大画像が表示されます。)