トップページ > 条例・規則等一覧 > 大曲仙北広域市町村圏組合介護保険運営協議会規則


大曲仙北広域市町村圏組合介護保険運営協議会設置規則(見出し)

(設置)

(所掌事項)

(委員)

(会長及び副会長)

(辞職)

(会議)

(部会)

(事務局)

(補則)

附則

(附則)


--------------------------------------------------------------------------------

 

大曲仙北広域市町村圏組合介護保険運営協議会設置規則

 

 (設置)

第1条 介護保険事業及び地域包括支援センター運営事業の円滑な実施を図るため、大曲仙北広域市町
 村圏組合介護保険運営協議会(以下「協議会」という。)を設置する。

見出し

 (所掌事項)

第2条 協議会は次に掲げる事項について調査審議する。

(1)大曲仙北広域市町村圏組合介護保険事業計画の実施に関すること。

(2)介護保険の事務事業に関すること。

(3)地域包括支援センターの運営等に関すること。

(4)地域密着型サービスの指定及び運営等に関すること。

(5)その他介護保険事業の円滑な実施に関すること。

2 協議会は、調査審議した結果必要があると認めるときは、大曲仙北広域市町村圏組合管理者
 (以下「管理者」という。)に意見を述べることができる。

見出し

 (委員)

第3条 協議会の委員は、18人以内とする。

2 委員は、被保険者、医療・保健・福祉等の関係者、介護に関し識見を有する者及び行政の福祉担当者等
 の中から管理者が委嘱する。

3 委員の任期は3年とし、再任を防げない。ただし、委員が欠けた場合において補充された委員の任期は、
 前任者の残任期間とする。

見出し

 (会長及び副会長)

第4条 協議会に会長1人、副会長1人を置き、委員の互選によってこれを定める。

2 会長は、協議会を代表し、会務を総理する。

3 副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるとき又は会長が欠けたときは、その職務を代理する。

見出し

 (辞職)

第5条 委員が辞職しようとするときは、事由を具して管理者に届け出なければならない。

2 会長の職を辞職しようとするときは、協議会の承認を得なければならない。

見出し

 (会議)

第6条 協議会は、会長が招集し、その会議の議長となる。

2 協議会は、委員総数の2分の1以上が出席しなければ会議を開催することができない。

3 協議会は、審議のため必要に応じて関係者を出席させ、説明及び資料の提出を求めることができる。

見出し

 (部会)

第7条 協議会に部会として「地域密着型サービス運営委員会」を設置し、地域密着型サービス及び地域密
 着型介護予防サービスの適正な運営を確保する事項について調査審議する。

2 部会の委員は、協議会の委員の中から会長が協議会に諮って指名する。

3 部会の会長等については、第4条の規定を準用する。

見出し

 (事務局)

第8条 協議会の事務局は、大曲仙北広域市町村圏組合介護保険事務所内に置く。

見出し

 (補則)

第9条 この規則に定めるもののほか、協議会の運営に関し必要な事項は、会長が協議会に諮って定める。

見出し

   附 則(平成21年8月1日規則第14号)

 この規則は、公布の日から施行する。

見出し

<< 戻る  <<<< トップページ